ウィークエンドスクール for kids > 講師募集

講師募集 Recruit

保育士・幼稚園教諭の経験をいかして、
新しい働き方を始めてみませんか?

講師養成講座2019 開催

子ども・子育てを取り巻く地域の環境を良くしたい

未来を生きる子どもに欠かせないチカラを支えたい

子ども主体の子育てをママ・パパにも伝えて笑顔にしたい

こんな保育士・幼稚園教諭の経験者の方を、関東近県を中心に募集します。これまでの経験とスキルをいかして、地域で新しいお仕事を始めてみませんか?

地域に根ざした保育の実践家
ウィークエンドスクールfor kids講師の仕事とは?

ウィークエンドスクールfor kidsの講師は、未来を生きる子どもとその親の学びを支援するお仕事です。

ウィークエンドスクールfor kidsの講師は、まちのパートナーの協力を得ながら地域の貸し会議室やお店、畑などで親子に楽しい週末の活動プログラムを提供し、地域の子どもとそのママ・パパの学び=遊びを支援するお仕事です。

プログラムは「クッキング」「ひらめき表現あそび」「お仕事体験」「どろんこ遠足」の4つ。参加人数に応じた収入が得られます。
開講は週末と祝日が中心になりますが、自分で日時を設定できるので、ご自身の希望するスケジュールで運営することが可能です。

「親子の前、特に大人向けの解説や講師をするのは初めて」という方でも大丈夫。事前の研修で最新の知識や開講に必要なスキルをしっかり身につけることができます。

親と子の成長を見守りながら、自分も経験を積みスキルを磨くことができる。
地域の子育て環境の向上に貢献できる。
ウィークエンドスクールfor kidsの講師は、時代が求める“地域社会の中での保育の実践家”としてのキャリアが積める素晴らしいお仕事です。

講師はこんな人たち! ≫

伊本藍子先生(保育士)
プロフィール:立教女学院短期大学幼児教育専攻卒業。横浜市内の幼保園勤務を経て、現在は町田市で家庭的保育、ファミリーサポート等の保育に携わる。趣味はアウトドア、手芸、華道、パン作り。小学生2児の母。

Q

ウィークエンドスクールfor kidsの講師になったきっかけは?

A

保育士の資格を活かした仕事がしたいと考えていて、空いている時間を使って活動できそうなところがいいなと思いました。知人のSNSでウィークエンドスクールfor kidsの存在を知り、講師募集をみてエントリーしました。
写真(講師養成プログラム参加時)

Q

ウィークエンドスクールfor kidsの講師としてのやりがいは何ですか?

A

参加する子どもたちの素直な反応が見られて楽しいです。一緒に参加する親御さんに、子どものいいところ、成長に大切なポイントをその場で直接伝えるので喜んでもらっています。あとは、地域の人との交流が増えました。今後は講師としても地域でつながりが広げていけたら嬉しいです。

Q

園に勤務していた頃と違うことがあれば教えてください。

A

自分でやってみたいと思う活動をプログラムに取り入れられるので、やりがいを感じられます。また、関係者との連絡はメールや電話が中心なので、時間に拘束されずやりとりすることができます。

Q

講師になる前に思っていたのと実際にやってみて、何か違いはありましたか?

A

おやこ遊びイベントに慣れた地域協力者のコネクションがない状態だったので、場所探しが困難でした。また、事前準備(開催場所に出向く・連絡をとる等)に予想以上に時間がかかりました。告知や集客はSNSやインターネットサイトをメインに行いますが、自分がネットを使った集客に慣れていなかったので、もっと勉強が必要だと感じています。

Q

地元の町田で「地域×子ども×遊び」のつながりを支えたいと思って講師になったと伺いました。そのように考えるようになった背景は?

A

きっかけは自分の子ども達です。自分たちが生活している地域のことを知り、親子で興味を持つことで、結果的にたくさんの居場所・交友関係のつながりができて良かったと感じました。

Q

ウィークエンドスクールfor kidsの講師としてのこれからの展望を聞かせてください。

A


写真(どろんこ遠足の参加者と)
町田市内にはすてきなヒトがいっぱいいて、魅力的な場所もたくさんあります。地域の素敵な環境をもっと他の親子にも知って欲しい、地域で共に育ち合える親子が増えたらいいなと思い、地域資源を活かした場を作ることに興味を持ちました。自分の保育&育児経験をもとに、子どもたちの素直な発想や感性を大切にしながら、地域×子ども×遊びにつなげていけたらと思っています。

講師養成講座2019 開催

週末のおやこ一緒の楽しいお出かけ先
ウィークエンドスクールfor kidsって?

ウィークエンドスクールfor kidsは、一般社団法人かもしかが主催し、地域の保育士(幼稚園教諭)が講師となって開講する、週末のおやこ一緒の楽しいお出かけ先です。

近年の共働き家庭の増加で、週末の時間を使った親子の触れ合いや、幼児期に子どもに質の高い体験をさせたいママ・パパのニーズの高まりを受け、首都圏から順次、開講場所を広げています。

参加者に提供するプログラムは、幼児期の「非認知能力」を育むことを重点に置いており、ママ・パパにお家でも非認知能力を引き出す子育てが実践できるようアドバイスを行っています。

非認知能力について共立女子大学教授 白川佳子先生の解説はこちら ≫

ウィークエンドスクールfor kids
開講までのステップ

開講までの流れを簡単に説明させていただきます。実際の開講の様子の見学も承っています。詳しいお仕事の内容と報酬については資料をお送りさせていただきますのでフォームよりお問い合わせください。

  1. 問い合わせ・見学
  2. 講師希望エリアを確認
  3. 資格確認・業務委託契約
  4. 研修・開講場所の確保
  5. 参加者募集・開講へ

講師の仕事 お問い合わせフォーム

講師の活動状況や
最新情報はこちら!

Twitter FaceBook